第65回日本音声言語医学会総会・学術講演会

ご挨拶

 このたび第65回日本音声言語医学会を担当させていただくこととなりました。大変名誉であるとともにその重責に身が引き締まる思いでいます。このような機会をくださいました学会役員ならびに会員の皆様に御礼を申し上げます。
 学会のテーマを「音声・言語・聴覚医学の融和をめざして」としました。私自身の専門は耳全般です。その一つである聴覚医学に関わっていくと必ず言語医学に詳しくなっていきます。また、その出力としての音声につながっていきます。聴覚障害を診る上で言語障害、構音障害の知識が必須です。
 今回の学会は2020年10月10日(土曜日)、11日(日曜日)に行うことにしました。会場は福岡でなく、名古屋のウインクあいちです。同年10月8日、9日に名古屋大学の曾根三千彦教授を会長として、第65回日本聴覚医学会がウインクあいちで開催されます。会場もほぼ同じ構成で4日間行えるように曾根教授と相談、工夫する予定です。日本音声言語学会と日本聴覚医学会とは回数が示すように双方とも歴史がある学会であり、学会の体制も異なりますので、今回のみの試みとはなります。言語聴覚士や教育関係者、音響学などを始めとする関連する分野の先生達との連携に重きをおいて、連続開催という会期を企画・設定いたしました。4日間となると長期間となり、参加される先生方にとって、それなりのご負担かとは思います。将来への学会の在り方を考える上でも、大切な経験になります。いい点、悪い点をあげて下されば、有難いです。
 10月の名古屋は過ごしやすい季節です。多くの皆様が聴覚、音声と連続でご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。

第65回日本音声言語医学会総会・学術講演会 会長
中川 尚志(九州大学大学院医学研究院 耳鼻咽喉科学分野)

このサイトについて|Copyright © 第65回日本音声言語医学会総会・学術講演会 All Rights Reserved.